活動案内

祝・日西友好通商航海条約締結150周年 訪西文化使節団 ご案内

祝・日西友好通商航海条約締結150周年

いざスペインへ!文化交流の旅

訪西文化使節団 ご案内

 

1.日    程   2018年6月22日金~6月28日(木) 5泊7日
  参加人数   予定 50名 前後


2.訪問都市 マラガ・ コリア・デル・リオ

       ・セビーリャ・トレド・マドリッド


3.主     催   一般社団法人 支倉常長日西文化協会  http://hasekura.info/
       一般社団法人 さくや姫文化使節団  
     旅行企画・実施 近畿日本ツーリスト 横浜支店

 

​​訪西文化使節団のパンフレットはこちら!

 

◆事業の背景と目的

はじまり・・・

 (一社)さくや姫文化使節団の発起人である東北の音楽アーティストSoul&Beat TEN-CHI-JINは、東日本大震災により自らのレコーディングスタジオやお稽古場、お弟子さんなど多くが被災した為、避けられない「自然災害」と、人災とも言える「戦争」の違いを伝えるメッセンジャーとして、岩手県知事の親書を持参し6か国10か所でワールドツアーの自主公演を行ってきました。

 

 2014年6月のスペイン公演では、「日本・スペイン交流400周年記念事業」に招かれ、「支倉常長生誕の地米沢」市長の親書を持参し、4都市(マドリッド、トレド、セゴビア、バルセロナ)の市長を表敬訪問、支倉常長生誕の地「米沢」を紹介し、トレドの軍事博物館庭園に持参した米沢の土で平和の証である桜の植樹を行うと共に、フラメンコギター奏者カニサレス氏とTEN-CHI-JINによる津軽三味線との共演を実現いたしました。

 

2015年~2016年

 そして2015年「米沢」に、前スペイン駐在日本国大使佐藤悟様、スペイン大使館から臨時代理大使マルドナード様、伊達家18代、支倉常長家第14代の御当主をお招きし、持ち帰ったトレドの土で生誕の地に桜の植樹を行い、「支倉常長生誕祭」としてスペインとの文化交流事業が始まりました。2016年からは「日本・スペイン文化交流フェスティバル」の名称で開催しております。

 

2017年に一般社団法人支倉常長日西文化協会設立

 2017年、「米沢」で一般社団法人支倉常長日西文化協会を設立、設立の翌日に来日されたフェリペ国王の謁見の儀に理事長が招かれ、更なる文化と産業の交流を図る様にとのお言葉を頂きました。

 

2020年を見据えて

 来る2020年の世界最大のイベント東京オリンピックには、スペインからの誘客をはかり、支倉常長の生誕地「米沢」を中心に支倉常長関係自治体を周遊し、東北の宝を見て頂き東日本大震災からの東北の更なる復興を期待したいと思います。

 震災以降、埋もれていた東北の文化は高く評価され、観光、歴史、食文化、伝統文化、防災をはじめ先端技術などの産業も含め、「東北ルネッサンス」がおきております。

 

 私たちは、東北の魅力、日本の魅力を紹介する為に2018年、訪西団を結成し、スペインを訪問します。

 

 参加者は既にスペインを観光で訪問している方も多く、この度は、東北復興という社会貢献に賛同し、また400年前、日西交流のきっかけをつくった支倉常長の偉業を顕彰し、改めてスペインの文化、歴史に触れ、これからの両国文化交流につながる視察としても考えております。

 


◆巻物へのご署名、贈呈

 2014年、スペインで開催の「日本・スペイン交流400周年記念事業」により始まった米沢市の「日本・スペイン文化交流フェスティバル」は、支倉常長関係自治体(宮城県川崎町、石巻市、仙台市)とも交流を重ね、以下の通り巻物に事業の証としてご署名を頂き、「交流のバトン」に見立て2020年の東京オリンピックをめざし事業のリレーを行っています。

 

 そしてこの巻物は、400年前、伊達政宗が支倉常長に託しスペインに渡った巻物と同じように、2018年6月「支倉常長家第14代当主支倉正隆様」を筆頭に、スペイン訪問団を結成した際、持参するものです。

 

 本事業は、日本における今世紀最大と言われる東日本大震災の記憶と並行して、後世に残すための大きな事業になることと確信しています。

 

◆交流のバトンリレー

・2015年 9月  「支倉常長生誕祭」 於:米沢市

   スペイン大使館臨時代理大使ご臨席

 

・2016年 6月  「支倉常長まつり」  於:川崎町

・   〃  11月  「日本・スペイン文化交流フェスティバル2016」 

           於:米沢市 

          スペイン大使館文化部参事官ご臨席

 

・2017年  5月  「サン・ファン祭り」  於:石巻市

・〃   11月  「日本・スペイン文化交流フェスティバル2017」

           於:米沢市

   コリア・デル・リオ市長、ハポン協会長、日西観光協会長来日ご臨席

   スペイン大使館領事ご臨席

 

・2018年 6月予定「日西友好通商航海条約締結150周年」  於:スペイン

・   〃  9月予定「日本・スペイン文化交流フェスティバル2018」

          於:米沢市

 

・2019年 6月予定「支倉常長まつり」 於:川崎町

・〃   9月予定「日本・スペイン文化交流フェスティバル2019」

           於:米沢市

 

・2020年 5月予定「サン・ファン祭り」  於:石巻市

・    〃  9月予定「日本・スペイン文化交流フェスティバル2020」

           於:米沢市


◆訪西団事業内容

 東北には、2011年の震災以降、日本とスペインの交流のきっかけをつくった支倉常長が、「慶長三陸沖地震」の経済の建て直しの為に伊達政宗の命を受けて訪西したという説もあります。

 

 同様に私達も、震災による東北経済の復興の一助となるようスペインの方々が支倉常長関係自治体へお越し頂ける様に、日本文化のご紹介にスペインにまいります。

 

①   コリア デル リオ 市で支倉常長家御当主を筆頭に訪西団のパレード

 

②   祝・日西友好通商航海条約締結150周年セレモニー・記者会見

  コリア市庁舎

 

③   日本・東北文化のワークショップ コリア市文化センター

 ラジオ体操・東北のお米紹介・折り紙・絵手紙・風呂敷の使い方・

 和菓子製作など

 

 ④ステージパフォーマンス コリア市文化センター

 ☆東北のアーティスト:TEN-CHI-JIN・福島県川俣町太鼓 遠藤元気

  JR東日本よさこい隊

  米沢古式砲術保存会の演武(書類申請中に付き予定)

 ☆スペインのアーティスト:フラメンコギター David Santos

       ・合唱団CORO DABAR

 

⑤  ハポンさんとの交流祝賀会 コリア市文化センター

 

⑥  交流メッセージバトンにご署名 コリア市文化センター                       

⑦  祝・日西友好通商航海条約締150周年記念公演 

                 マドリッド 王立アカデミー

 

⑧  TEN-CHI-JINの演奏と着物ショー など

 

⑨  祝・日西友好通商航海条約締結150周年レセプション

                 マドリッド レアルカフェ


◆Soul&Beat TEN-CHI-JIN プロフィール  http://www.tenchijin.info/

伝説のバンド “オフコース”ドラマー JIRO OMAと津軽三味線日本チャンピオンHIRO KUROSAWAが2003年秋田で結成。東北の心象風景を音にした演奏は、東日本大震災で被災した方々の大きな力となり、震災後のワールドツアーでは、アメリカ議会、ミュンヘン総領事などでも演奏し、自然災害の脅威を訴えている。2014年、スペインで共演したフラメンコギターの「カニサレス」からは「マエストロ」と最高の評価を受ける。

 

 

※下記の新鮮情報、ご覧ください。

 日本スペイン外交関係樹立150周年記念 2018/2/24~5/27 於 国立西洋美術館

“プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 ”

 

訪西文化使節団パンフレットはこちら!

日本・スペイン文化交流フェスティバル2017
支倉常長物語
facebook